お昼に食べたうどんが美味しかった

今日のお昼ご飯は出かけたついでに道の駅によったので、そこの食堂で食べました。
食券を買う方式なのですが、普通ならその食券を店員に渡すのでしょうが、
券売機から注文がされているようで、料理ができてから渡すように言われました。

 

私はこの方式が初めてだったのですが、
席で待っていると同じように店員に言われる人がかなり多かったので、
やり方が皆に浸透しているようには思えません。

 

券売機の方に何も書かれていないようですし、店員の人も口癖のように同じセリフを何度も言っていたので、
何か対策をした方がいいように思えます。

 

そんなことを思いながら注文したうどんを待っていたのですが、出来上がってきたものは非常に美味しいかったです。
うどんはとてもコシがあり、つゆも全部飲みきるほどに薄味で出汁の良く効いたものでした。

 

専門店で出してもいいようなくらいに出来の良いうどんでしたが、少し値段が高めの設定ではありました。
天ぷらうどんで五百円だと少し高いと思ってしまうのは、
他の立ち食いのお店によく行く私だけの感想かもしれませんが、
もう少し頑張ってもらえると更に満足度が上がったと思います。

 

しかしこのような食堂だと昔なら値段に見合った商品は出なかったことが多かったように思えます。
そう考えると今回のうどんは味が良く、値段も法外に高いわけではないので、中々良かったと思います。

 

お店の方もかなり繁盛していて席が確保できないようで、
通路にまでテーブルが置かれていて、驚きながら帰りました。